カーポート取り付け

MENU

カーポート取り付けのおすすすめの業者選びは?

カーポートの取り付けを考えた時、「カーポートの取り付けっていくらぐらいかかるの?」「カーポートの取り付けの適正価格を知りたい!」「悪徳業者とは一切関わりたくない!」

 

こういった方が大半を占めると思います。

 

その中でも

 

「すぐに複数のリフォーム業者と交渉したい!」

 

あるいは、

 

「匿名でとりあえずリフォーム業者の概算価格を知りたい!」

 

という方がいらっしゃるとおもいます。

 

どちらの方でも無料で利用できるリフォーム業者の一括見積もりサービスをご紹介します。ぜひご自身に合ったサービスを活用してみてください。

 

また、できるだけ沢山のリフォーム業者の料金を比較したい方は、両方のサービスに登録すると、より効率的に比較検討できるのでおすすめです。

 

今スグ交渉したい!! 匿名で概算を知りたい

リショップナビ一括見積り
→完全無料で30秒入力

リノコ相場
→完全無料で10秒入力

カーポート設置のための車の条件

カーポート取り付け業者

 

自宅にカーポート取り付けすると雨を凌ぐ事ができるので車をきれいな状態で維持できます。また冬場は霜取りの必要もなく朝の忙しい人に雪かきをする必要もないです。紫外線はほぼ100%カットしてくれるメリットもあるので使い勝手も優れています。便利なカーポートですが購入するよりも設置するときが大変です。一定の条件を満たした状態でないと設置ができない仕様となっています。基本的に車の高さはあまり関係ないです。ただし縦幅が影響するので、かなり長い車だとスペースが足りず設置しても雨風をしのげないのがデメリットといえます。基本的に日本車なら殆どの車に対応できるのでカーポートを設置するときは日本車を購入するのが安全です。

 

自宅に設置するときは敷地内の限られたスペースに作るため住まいの間取りが重要となっています。特にドアの開閉は重要で設置してもドアの開閉スペースがないというとトラブルが発生する可能性も高いです。なるべく間取りを確認してどれくらいのスペースなら大丈夫なのかチェックをしましょう。敷地ギリギリの場所に作ってしまうとお隣の敷地に雪が落ちてしまう可能性があります。ちょっとした気遣いでトラブルを避ける事ができるため、なるべく屋根から落ちる雪や雨がどの場所に落ちるのかチェックしておくと良いです。屋根のデザインは斜めになっている物やカーブになっているものがほとんどといえます。下方向の角度に落ちるため、屋根を逆にすれば隣の敷地に落ちてしまう事態も回避できるでしょう。

 

基本的にカーポートは建築物扱いになるので建築確認申請が必要です。建ぺい率や容積率といったスペースが必要なので自分で設置するのは困難といえます。専門業者が日本にはいるのでこの方達にスペースを計算してもらい作ってもらうのが理想的です。車に関してはドアの開閉できるスペースがあるのか、車高と屋根の高さは合っているのかを見ておくと納得できるカーポートを設置できるでしょう。

カーポート設置のための敷地の条件

カーポート取り付け条件

 

マイホームを検討中の方であれば、屋外の設計にもこだわりたいと思うものでしょう。庭や駐車スペースなど、考えるときりがありません。駐車スペースでは「カーポート」が今注目を集めています。屋根と柱だけで構成されるカーポートは車庫などを作るよりも圧倒的に安価で作ることができ、デザインも様々なものがあります。カーポートを作る一番のメリットはやはり屋根付きの駐車スペースを作ることにより車を保護できることにあります。車1台分であれば15平方メートルもあれば十分でしょう。雨ざらしにならないので洗車の回数を減らすことができますし、夏は日焼けや社内の急激な室温上昇を防ぎ、冬は降雪や霜を防いでくれます。これまでこれらの問題ですぐに車を出せないという方には特にお勧めですが、カーポートを設置するにはスペースや設置場所の条件に合わせた種類を選ぶ必要があります。

 

カーポートを設置するにはまず敷地スペースなどの条件が重要となります。車の車種や台数によって異なりますが、車のスペースに加えて支柱のスペースが必要となります。照明やセキュリティーゲートなどの有無でも必要なスペースは異なります。特に、支柱部分の「基礎」部分の造りを行ってしまうと折角作ったカーポートも倒壊などを起こす原因となります。工事に必要なスペースは十分に確保しましょう。

 

スペースを確保したら、次はカーポートの種類を選びます。屋外に設置する為、雨や雪、強風に耐えるものが必要ですのでそれぞれの地形に合わせたものを選びましょう。雨については防腐対策を施しているものが一般的になっており、水汚れに強い防汚材質を使用しているものも増えてきました。雪が降る地域では積雪荷重に対応したものを選びます。一般的なものであれば2メートル積もっても耐えられるものもあります。台風など強風の影響を受けやすい地域では耐風圧性能があるものを選びます。台風などでは風速50メートルの強風が吹くこともありますが、最近のものであれば十分耐えられます。

カーポート設置のための設備条件

カーポート取り付け設備条件

 

カーポートを設置する工事をするときには洗車をするための水道の設備や盗難などの犯罪を予防するための照明設備、カー用品を収納するためのスペースなどを揃えるという条件を満たすと快適に利用することができます。洗車をするためには、野外の水道の設備も駐車スペースの近くに設置しておきたいところです。玄関を掃除するときや庭仕事をするときなどにも水道の設備を使うということも多いため、それぞれ用途で使うときの利便性を考慮して設置する場所を決済することが重要になります。そしてホースを収納する方法を前もって考えておくことが必要です。

 

夜の時間帯に自動車を出したり入れたりする機会が多いときはもちろんのこと、防犯といった面からもカーポートは明るい状態にしておくことが重要になります。照明を取り付けるときには自動車から乗り降りするときや自動車を出し入れするとき、トランクから荷物を出し入れするときなどに都合の良い位置に取り付けると便利です。隣近所の夜の時間帯の状況や玄関灯や門灯などの明るさなども前もって考慮しておいて設置する必要があります。カーポートのオプションとして、屋根や柱の部分に収納できるタイプのデザインの照明もあるためオプションを含めて総合的に検討してみるのが良い方法です。省エネ性能が高く長持ちするLED照明や暗くなってくると自動的に点灯する照明、動くものが近づくとセンサーが反応して点灯する照明などが適しています。

 

カーポートには工具類や予備タイヤが収納できるスペースがあると便利です。カーポートの中には収納棚を取り付けることが可能なタイプも登場しています。カーポート専用に使う収納スペースを確保できなかったとしても、外部から利用することができるサービスヤードをレジャー用品やガーデニング用品などと一緒にカー用品を仕舞っておけるようなスペースを確保するのも良い方法です。できれば自動車の中専用の洗浄機や掃除機、工具などを使うときにはカーポートやカーポートの付近にコンセントを取り付けておくと役に立ちます。

カーポートの種類

カーポート取り付け種類

 

カーポートとは家屋の側などによく見られる、屋根と支柱や梁など簡単な構造で作られた駐車スペースのことです。カーポートがあれば車を雨ざらしによる劣化から守るといったことだけでなく、雨の日でも乗り降りの際に濡れないというメリットがあります。また、ガレージに比べると敷地に合わせた細かな設計がしやすいだけでなく、価格も比較的、安く抑えられます。

 

カーポートには大きく分けると片流れタイプと両側支持タイプのふたつがあります。まず、片流れタイプですが、これはカーポートの左右どちらかのみに支柱がついている構造になっています。そのため、支柱のない側のスペースを広く使えるためカーポートの屋根の幅よりも大きな車の来客といった場合でも駐車することが可能です。しかし、片流れタイプにはデメリットがあります。まず最も大きな問題が柱が片側にしかついていないため、風に弱いということです。特に柱がない側からの風には弱いので、柱が風上側に来るような工夫や、万が一の場合を考えて、建造物から離して設置するといった工夫が必要となります。また、柱を片側から支えてるので風だけでなく、重さに弱くなるため、雪の多い地域ではカーポートの屋根への積雪によって倒壊してしまう可能性もあります。

 

そこで、片流れタイプの短所を補ったものが両側支持タイプです。両側支持タイプはカーポートの左右どちらにも柱がついているため、片流れタイプに比べると風に対する揺れにも強く、雪への耐荷重も高くなります。しかしながら、両側に柱があるためにスペースの自由度は限られてしまいます。特に駐車する際にはそれほど気にならなくても、支柱が邪魔になって車のドアが開けづらいという可能性があります。このようにカーポートは、片流れタイプと両側支持タイプでそれぞれにメリットとデメリットがあります。設置の際には専門業者にどちらのタイプが適しているか相談してみることをおすすめします。

カーポートの施工までの流れ

カーポート取り付け施工

 

雨風などから愛車を守ってくれるカーポートは、マイホームを持つ人であれば必ず欲しいと思う人も多いでしょう。家を建てる際には予算の関係や仕切りを作りたくないという気持ちからあえてカーポートを設置しないという人もいるのですが、いざ生活してみるとやはりあった方が良いという考え方に変わる人もいます。そんな人でもカーポートのみを設置することができます。

 

施工を行うまでの流れはいたってシンプルです。まずは業者に依頼をします。どこに依頼をするかによって内容や費用な異なりますが、見積もりや相談は無料で行うことができるところがほとんどなので、比較した上で自分に合った業者を選ぶようにしましょう。業者が決まれば現地を調査します。どこにどのようなカーポートを設置したのかということを打ち合わせし、状況に合わせた提案をしていくことで決定させていきます。具体的な内容が決まったらプラント見積もりを作成します。依頼者の要望にそったプランを提示しつつ納得がいくまでしっかりと話し合いをしていきます。内容に納得し契約が無事に完了すれば施工日を決めていきます。工事が行われるとしても家の中に入ることはないので、工事中も煩わしさを感じることはありません。また工事過程を見ることもできるので安心して任せることができます。

 

代金の支払いに関しては施工が終わってから仕上がりをチェックしてもらい、納得した上で総額を支払うというのが一般的なのですが、業者によっては前払い制にしている場合があるので事前に確認しておくことが大切です。建物を建てるのとは違うので、カーポートのみの施工であれば煩わしいこともありません。どのような形を望んでいるのかなどの要望を伝えながら予算に合わせてプランを提示してもらい、作ってもらうことができるので施工までの流れは非常にシンプルです。具体的な理想が思い浮かばない場合には今まで作ってきたカーポートの写真などを見せてもらうこともできます。